初産婦だけど里帰りしないと決めた理由。メリットとデメリットを考えてみた

妊娠生活

妊娠したとなったら、たくさんのことを決めなくちゃいけなくて困りますよね。

わたしにとって、いちばん大きな決めごとは、どこで出産するかということ。

通っている産婦人科の先生には「初めてだから里帰りだよね?」と当然のように聞かれました。

管理人みのり
管理人みのり

でも、誰もがみんな里帰り出産することだけがいちばんいい選択肢ではないんじゃないかな?

と思うんです。

わたしは、いろいろ考えた結果、里帰り出産をしないことに決めました(11週現在)。

正直なところ、まだ迷っているところもあるのですが、今回は、わたしがなぜ里帰りをしないことを選んだのか、考えたメリットやデメリットについてまとめてみます。

同じようにぐるぐる悩んでいる方の参考になればうれしいです。

スポンサーリンク

初産婦だけど里帰り出産しないことに決めたわたしの状況

おなじ出産するにしても、置かれている状況はざまざまだと思うので、わたしが置かれている状況を少し書いてみます。

  • 30歳、初産婦
  • 職業:助産師(今は病院の事務)
  • 夫とふたり暮らし
  • 四国在住
  • 実家は九州(妻)、沖縄(夫)でどちらも両親は健在
  • 2019年6月中旬出産予定
  • 夫が地元沖縄で転職予定(2019年6月)

 

こぽ(胎内)
こぽ(胎内)

て、転職!?

わたしの選択肢は2つ
九州の実家に里帰りするか、引っ越し予定先の夫の地元・沖縄で出産するか。

 

でも、なぜこのタイミングで転職ー!!! って感じですよね(計画性なし)。

妊娠が分かる前すでに夫は上司に掛け合っていて、6月転職は決まってたんですよね……本当は転職をあと半年待ってくれないか…!って感じなんですが。

管理人みのり
管理人みのり

嘘だよ、いつでも来てくれてよかったんだよ! うれしいよ!

こぽ(胎内)
こぽ(胎内)

お父さんにUターン・転職を決意させるためにやってきたのかもね!

初産婦のわたしが里帰りをしないと決めた理由

わたしが里帰りをしないと決めた理由はいろいろありますが、最初にザックリ言ってしまうと、
夫にいちばん近くにいて欲しかったから」です。

立ち会い出産は希望していませんが(これについてもまた書こうと思います)、生まれる前も、生まれたあとも、できるだけ側にいてほしい

新生児期のかわいいときを夫にもたくさん見せたい

それに、産後1か月くらいして帰ってきた母子にどう接していいかわからない男性を身近で見たこともあり、ギャップがないほうが受け入れやすいのではないかなあと思ったのもあります。

里帰りのタイミングはさまざまですが、だいたい妊娠34週くらいには、出産する場所にいる必要があります。

ということは、40週で生まれて、1か月は里帰り先にいるとすれば、少なくとも2か月半は夫と離れて暮らすことになるわけです(予定日に生まれるとは限らないし)。

車で数時間の距離ならば、頻繁に来てもらうことも可能かもしれませんが、うちは飛行機の距離(どちらも空港からも車で1時間程度はかかります)。
そんなに毎週来てもらうわけにもいきません。

初産婦なのに里帰りしないと決めたわたしが考えたメリット・デメリット

夫にそばにいてほしい以外にも、メリットやデメリットを考えたので書いてみます。

初産婦のわたしが里帰りするメリット

  • 母がパートの時間以外は家にいるので、家事全般をやってもらえる
  • 転職直後の夫を煩わせなくてすむ

初産婦のわたしが里帰りするデメリット

  • 実父がヘビースモーカー(禁煙する気なし)
  • 沖縄の自宅に帰るのに飛行機移動が必要で、新生児を連れ帰るのが不安
  • 夫が出産の時に立ち会えない(可能性がある)
  • 産後1か月間、子どもと夫が触れ合えない
  • 実母と四六時中一緒にいるのが辛くなる可能性大
  • 夫という精神的支えが近くにいない

自分で書いてて、人でなしな気がしてきましたが、わたしが心配しているのって産後の家事全般がちゃんと回るのか? ということが主だということが分かりました。

だったら、宅配のお弁当頼むなり、ファミリーサポートでもシルバー人材センターにでもお願いして、家事してもらえばいいじゃない!! という結論に至りました。

わたしは、決して母が嫌いなわけではないのですが、3日以上一緒にいるとしんどくなってきてしまいます(数日間帰省するのは全然大丈夫、むしろ楽しい)。

産後の不安定(だと思われる)精神状態で、母にやさしくできる自信がないし、やさしくできなければ、それでまた自分がダメージを受ける様子がありありと頭に浮かぶので、今の距離がベストだと思っています。

母は、産後1週間くらいは手伝いに来てくれると言ってくれているので、それには甘えるつもりです。

最後に

夫が側にいてくれることが最優先、なんてそれっぽいことを書きましたが、全部自分のためなんですよね。

管理人みのり
管理人みのり

でもいいじゃない、わたしの心身の健康が何よりも大切なはず!!

と開き直っています。

最後まで読んでくださってありがとうございます。
少しでも何かの参考になるとうれしいです。

コメント